理事長所信

President belief

2021年度スローガン

​~利他の心の実践で明るい志摩の未来を~

笑顔溢れる志摩

理事長所信

はじめに

 志摩をおもい尽力されてきた先人は、志摩を愛し、「志摩は一つ」この熱き情熱をもった同志が集い、1989年に次代の担い手として志摩の推進力とならんことを誓い志摩青年会議所は誕生しました。先輩諸兄姉の熱きおもいを伝統として継承しつつ、厳格な組織運営を行い永続的に進化するべく、昨年一般社団法人志摩青年会議所は法人として新たな一歩を踏み出しました。しかし、昨年から世界中を危機的状況に陥れている新型コロナウイルスによる被害は、我々の住まう志摩にも甚大な影響を及ぼしております。このままコロナウイルスによる被害が蔓延し続けては、社会的・経済的危機を起こし、ひとの心までも歪めてしまう恐れがあります。どのような社会状況においても、人とひとが生きていくうえで足を引っ張り合うのではなく、相互に思いやりをもった行動ができるよう、我々責任世代が奮起し、理念に沿った活動を通じ三信条を重んじて、ひとの笑顔を創出する運動を推し進めていかなければなりません。だからこそ、これからを担う責任世代として、今日に至るまで紡がれてきたひとづくり、まちづくり運動を継続しJAYCEEとしての自覚をもち、正会員全員で取り組むことが重要です。そして我々のやるべき地域での役割を理解し、志摩の明るい未来を思い描き、利他の心で助け合いの実践を行っていく時であります。他者をおもい行動し、他者の笑顔を自身の原動力とし地域に活動の輪を拡げることで、地域の方々との共助の関係が築かれ、その連鎖を継続的に行っていかなければなりません。この利他の心の実践を、我々が率先して地域に向け継続的に行っていくことが、持続可能な志摩を創造していけると確信致します。

第33代 理事長 山本 和人

会員開発・会員拡大

私は2009年に志摩青年会議所に入会致しました。入会当時は、与えられた職務をただこなしているだけの無気力な会員でした。我々の活動はやらされているのではなく、自身が考え能動的に活動すれば更なる資質向上へと繋がります。組織に所属しているひととして、職務分掌を理解し、自分一人で活動しているのではなく、他者をおもい行動することを自身の原動力とし、青年会議所活動に邁進しなければなりません。志摩青年会議所に所属しているのはなぜなのか今一度、自問自答し自身の目的をしっかりと定め、現状に満足せず向上心をもち行動に移すことが重要です。青年会議所の理念を理解し、目的達成のために目標を定め、他者に思いやりをもった言動を重んじて、忌憚なく意見を酌み交わし切磋琢磨することが会員の成長へとなり、ひいては志摩青年会議所の進化へと繋がります。そして、自分たちの活動に自信と誇りをもち、このひとやまちの魅力を第三者に伝え、多くの価値観を共有し、我々の活動に賛同して頂ける同志を一人でも多く増やす会員拡大を行います。青年会議所活動に対し胸を張ってまちへ伝播できる会員が増え、また同じ志をもつ会員が増えることで持続可能な志摩への第一歩になると確信致します。

青少年育成

昨年から世界中を危機的状況に陥れている、新型コロナウイルスによる感染拡大の予防策として、密にならないよう昨今にも増して、人とひとが接する機会が失われています。これは顔を合わせる回数が減るだけでなく、人とひとの繋がりが希薄化され、ひとへの関心や興味が薄れてしまいます。だからこそ、志摩に住まう未来を担っていくかけがえのない子供たちに、ひとやまちに興味をもってもらえる機会を創出します。子供たちが志摩に住まうひとを愛し、郷土を愛し続ければ、このまちの未来に希望をもった青少年へと成長します。そのためには、子供たちが今ある生活が当たり前ではなく、周りの方々の支えがあって生きていることに気づきを得ることで感謝の心を育み、おもいやりの心をもった行動がとれる青少年を増やしていかなければなりません。そして、ひとの心を理解し善悪の判断ができる道徳心を育み、他者の笑顔が自分の喜びと感じられる利他精神を育成していくことが必要であります。他者をおもい利他精神を実践に移し、おもいやりの連鎖を継続的に行い、郷土を愛する青少年を育成していくことで、夢や希望に満ち溢れた魅力あるまちの創造へと繋がると確信致します。

出向

私は入会してから昨年まで毎年当時の理事長から任命され出向をして参りました。現在に至るまで志摩の先輩諸兄姉から教わったのはもとより、志摩から一歩外へ出た組織でも成長させて頂いたと感じております。よく外から自分を第三者目線でみると良いと言われますが、出向はまさしく客観的に志摩を見ることも出来ますし、自分以外の方々の考え方を教わる絶好の機会だと考えます。これからも志摩をおもい行動し続けるひとだからこそ、客観的な考えを自分の思考に取り入れ、多くの情報を自らの行動力で掴んで志摩にもち帰りLOMで発信しメンバーと共有することで資質向上となり、志摩青年会議所の進化へと繋がります。出向者には志摩を代表して出向する気概と覚悟をもって頂き、志摩青年会議所正会員一丸となって出向者を支援致します。

むすびに
指導力開発

志摩には様々な組織が存在しますが、組織において指導者は必要不可欠であります。

しかし、肩をいからしてリーダーたらんとする姿勢を誇示し続けていては、自主的な言動は失われ組織としての存続をも危うくするため、強制ではなく道徳心をもち、ひとの笑顔を創るリーダーを育成していかなければなりません。そのために、まず我々は飽くなき挑戦心をもち、自身と他者との価値観を照らし合わせ自身に厳しい判断で行動し、道理の合った決断力を身につけることが必要です。そして、我々はひとづくりを行っていくうえで、何事にも探究心をもち自分に厳しく、努力し背中を見せ続けるリーダーを育成していきます。そうすることで、自らを律し飽くなき挑戦心をもち、ひとの幸せを求め行動できる人財が増えていくと確信致します。ただ立場上で牽引していくのではなく、常に道理の合った決断力で行動していくことで、他者からの共感を得ることへと繋がり、ひいてはひとの笑顔を創るリーダーへと成長できると確信致します。

社会開発

我々の住まう志摩は古来より御食国の一つであり漁業や観光業に栄えた地域ではありますが、少子高齢化や農林漁業者の高齢化と後継者不足など多くの問題を抱えています。

自分たちが住み暮らすまちの問題を、ひと任せではなく自分事と捉え、自分が生きていくうえでの問題だと気づいていかなければなりません。そして我々はまちの現状の問題を把握したうえで探究し、問題解決に向け行動に移す連鎖を繰り返し行っていく必要があります。この問題が解決されるまで立ち向かっていく気概と挑戦心を高め、主権者意識を醸成することで会員の成長へ繋がります。また、明るいまちの未来を目指し、志摩の住民がまちのことを考え第一歩を踏み出さなければまちの問題は解決されません。我々志摩青年会議所が主導となり単体ではできないことも、地域の方々と共助し、まちの問題解決に向けたまちづくり運動を推し進めていく必要があります。この行動力こそが、私たちに求められていることであり、継続して行動できるまちづくり運動員が一人でも多く増えることこそが持続可能な志摩へと繋がります。

広報渉外

この志摩の地域において志摩青年会議所の存在を知っている方々はどれだけいるでしょうか。初めてお会いする方に志摩青年会議所の名刺を渡すと、何の団体かと問われることが多々あります。志摩のために活動している我々のおもいと活動を知って頂くことで、地域の方々の意識の変革に繋がると考えます。そのためには我々の運動とおもいを一人でも多く知って頂く広報活動と、志摩青年会議所正会員一人ひとりが胸を張って志摩青年会議所を発信する広告塔になる必要があります。そして会員一人ひとりがJAYCEEとしての自覚もち、志摩青年会議所の品格を保つため、常に誰かから見られている意識をもち続け行動する、渉外活動も継続していかなければなりません。我々の活動一つひとつに於いてすべては志摩をおもい活動しているという誇りをもち、運動を継続していくことで志摩の明るい未来へ繋がると確信致します。

私が志摩青年会議所に入会したきっかけは先輩からの誘いもあり、自分の社業にプラスになればと思い入会致しました。入会した当時は自分さえ良ければいいと利己的な考えで活動をしていましたが、活動を通じた経験を経て自分一人では何もできないことに気づき、自分がこうして物事に取り組んでいけるのは、周りの方々の支えがあったからだと痛感致しました。同時に今まで受けてきた恩恵を贈っていこうと思った瞬間でした。社会で生きていくうえで、自分さえ良ければいいと利己的な考えが蔓延していては、まちの問題は解決されず、まちは衰退していくと考えます。自分たちが生まれ育ったまちだからこそ、これから住み暮らし育っていく子供たちのためにも、志摩に住まうひとたちと手と手を取り合い、何事にも我々が率先して積極果敢に立ち向かっていかなければなりません。時がたつにつれて住み暮らすまちやひとは様変わりしていきますが、今も昔も変わらず志摩のためをおもい行動している先人たちのおもいを紡ぎ、後世に引き継いでいくことは我々の使命であります。他者のために行動するメンバーが集まった団体が青年会議所であり、これからもひとのため、まちのためをおもい、ひとづくりまちづくり運動を実践していかなければなりません。志摩青年会議所会員と地域の方々が共助し、ひとやまちをおもう利他精神を行動に移せる豊かな心をもったひとが増え続けることで、明るい希望に満ち溢れた魅力ある志摩の創造になると確信致します。

基本理念

仲間と共に切磋琢磨し何事にも
利他の心を持ち積極果敢に挑戦し
地域の方々と共に希望に満ち溢れた魅力あるまちを創造する

重点事業

<会員開発・会員拡大>

向上心を持ち継続的に切磋琢磨する会員開発

多くの価値観を共有し全会員で取り組む会員拡大 

<指導力開発> 

挑戦心を持ち地域を牽引するリーダーの育成

<青少年育成> 

常に感謝の心を抱き道徳心を育む青少年育成事業の開催

郷土の人を愛し未来に希望をもった青少年育成事業の開催

<社会開発>

地域の方々と共助し主権者意識を高めるまちづくり事業の開催  

<広報渉外>

志摩青年会議所の存在価値を高め品格を保つ為の広報渉外活動

bosyuu.jpg
simashi.jpg
2019-02-06_20h52_46.jpg

志摩のまちの発展と、

あなたの人間力の発展を!

Information

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。

メンバー募集

あなたも(一社)志摩青年会議所の仲間になりませんか?

人との出会い。自身の成長。多くのものが得られる場所です。

交通アクセス

一般社団法人志摩青年会議所

〒517-0501

​三重県志摩市阿児町鵜方2822-53

TEL:0599-43-6117

FAX:0599-43-4449

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • YouTube - Black Circle

copyright (c) 2021 Junior Chamber international SHIMA. All Rights Reserved.

Junior Chamber international SHIMA

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now