組織構成 -委員会一覧-

Organization

組織構成

組織図のPDFデータをご覧頂けます。

各種委員会

>

総務委員会

基本運動方針

竹内佑季.jpg

総務委員会

竹内 佑季

委員長

 先輩諸兄より脈々と受け継がれた志摩青年会議所運動は青年会議所の理念のもと職務分掌を理解し正会員が職務を全うすることで邁進して参りました。しかし、自身で理念を落とし込み自身のおもいとして行動に移さなければ、職務を穿き違え、それが人任せで自分勝手な行動となり、利他精神の希薄化になります。だからこそ、理念を落とし込み会員相互が連携しあう一丸となった組織となることが、志摩青年会議所運動の進化となるのです。

 総務委員会として正会員一人ひとりが職務分掌を理解し職務を全うできるよう、組織の円滑な運営を行って参ります。まずは、志摩青年会議所の行う事業の目的達成のため、議案の厳格で親身な精査を行い諸会議が充実した議論の場となるよう致します。また、例会や志摩青年会議所が行う事業に対し青年会議所会員としての姿勢を持ち意識を統一して頂くためのセレモニーの設営を行い、正会員が真剣に取り組む姿勢作りを致します。そして、本年度志摩青年会議所の運動に関わる方々に本年度の運動に共感を持って頂けるよう、1月期賀詞交歓会例会を開催し、ご来場者の方々に志摩青年会議所正会員が気概を持った姿勢で運動方針を約束し、志摩青年会議所運動への理解をすることで期待を持って頂き、本年度の新たな協力関係を築きます。さらに、正会員が本年度得た学び、気づきを確固たるものとするため、12月期事業報告例会を開催し、本年度の総括を行うことで正会員一人ひとりが運動を振り返り、自身の行動の検証を行い、正会員が人のつながり、他者のためのおもいに気づきを得ることで、今後の志摩青年会議所運動が進化することになります。

 学び行動し気づき得て、それが経験となります。職務を全うし質の高い経験を繰り返し、さらにはひとのつながり、他者のために行動するこころを成熟した正会員が同じ方向に同じ情熱を持ち、一丸となって運動に邁進することが郷土愛溢れる志摩の未来を創造します。

>

広報渉外委員会

基本運動方針

松尾誠祐.jpg

広報渉外委員会

松尾 誠祐

委員長

 志摩青年会議所は多くの先輩諸兄のおもいを紡ぎ創立30年の節目を迎えます。その間に信用を積み重ね、志摩青年会議所の品格は培われてきました。我々は運動と共にこの信用も引き継いでいるのだと自覚し、さらにこの信用を信頼へと繋げられるように正会員一人ひとりが覚悟を持って、一枚岩となり青年会議所活動に邁進する必要があります。それが培われてきた品格を保つことになり、志摩青年会議所の組織の進化に繋がるのであります。

 当委員会は常に相手の立場に成り代わり、今、何が求められているのかを利他のこころに基づいての実践に努めて参ります。そして、志摩青年会議所を代表する出向者が諸会議等に赴く際に、より有意義な多くの学び、気づきを志摩青年会議所へと持ち帰れるよう正会員を巻き込み一丸となって支援します。出向者を一丸となって支えることで志摩青年会議所の信用をさらに積み重ねて参ります。正会員が多くの共有体験を通して絆を深め、切磋琢磨し正会員一人ひとりが成長することこそが志摩青年会議所の更なる進化になると確信します。広報活動においてはSNSを活用して我々の実施した各種事業の目的や新たな学び、気づきを計画的に発信して、地域に住まう方々に我々のおもいを認識して頂き、さらにはその方々の意識変革の一助として頂きます。また情報発信することから地域に住まう方々に見られているという意識を正会員に生み出すことで正会員としての自覚を高めて参ります。また総務委員会との連携のもと本年の我々の運動に共感して頂く1月期賀詞交歓会例会、そして今後の運動を進化させるために総括する12月期事業報告例会を開催致します。

 利他のこころに基づき、他者のために率先して行動し続け、習慣化させることで正会員の成長へ繋げます。そしてそこから正会員のおもいを一つにして組織を進化させ、志摩青年会議所から地域の人々を感化し続けていくことで郷土愛溢れる志摩の未来を創造します。

>

志導力発揮委員会

基本運動方針

shiroyama.jpg

志導力発揮委員会

城山 源

委員長

 私たちの愛する志摩は先輩諸兄一人ひとりが情熱を持ってひとをおもい率先して行動し続けられた軌跡が現在までの志摩青年会議所の根幹となっています。しかし近年は会員数が減少傾向の中、入会年度の浅い会員が増え現在までの運動を理解できている会員も少なく、その根幹が薄れてきています。だからこそ志摩青年会議所正会員は既知から学び感謝の意を持ち、他者のために行動できる同志と共に気概と覚悟をあわせもつことが必要です。

 まずは会員開発として2月期例会で真剣に物事に向き合い、率先して他者のために行動し続けてこられたおもいから紡がれてきた現在までの既知を学びます。感謝のおもいから自身を律し他者のために行動できる人財の育成を図ることで他者を慮ることができ、個だけでなく組織で動く必要性に気づき、会員拡大の活動への意欲向上にも繋げます。そして、地域を牽引するリーダーの育成のために、正会員が一致団結して開催する「とうかい号」オリエンテーションと5月期壮行会例会、下船報告会の実践を通じ一般乗船者の成長に寄り添い時間を共にし、同じ目的に向かって他者のために行動することで地域から必要とされる人財となる会員の開発に繋げます。さらに指導力開発として、10月期例会では目まぐるしく変化する時代に対して多様性を持って行動できる人財の育成を行います。他者のために一歩踏み出す覚悟を決めて行動する意識を説き、困難な問題に直面しても共助の精神で打破していく気概を学びます。主権者意識をどのような場面でも発揮し、自身の担い以上の行動することで、ひとやまちに目を向けられる大局的視点の能力の獲得に繋げます。

 他者のために決して諦めず真剣に物事に向き合う行動はひとのこころに感動を与えます。感動から多くの学びを得て利他精神を育んだ正会員が直向きに努力を重ね多くのひとを感化し続け地域に必要とされる人財になることで、郷土愛溢れる志摩の未来を創造します。

>

未来の担い手育成委員会

基本運動方針

浜口_edited.png

未来の担い手育成委員会

濵口 大輝

委員長

 いつの時代も子ども達は身の回りの人達からの愛情を受け成長していき、親や家族、地域の人達に支えられ生かされていることへの実感を抱くことで郷土愛を育んでいきます。しかし、身の回りの人達からの愛情に気づかずに成長してしまうと、他人をおもいやらず自分さえ良ければといった意識をもつことへ繋がっていきます。だからこそ、道徳心と利他精神の育成を行い、郷土愛をもった青年へ導くための青少年育成を行う必要があります。

 まず、本年度の4月期例会では、普段何不自由無く過ごしていける生活は誰が支え、それがあたり前にあるのではなく、自身の身の回りにいる親や家族から無償の愛情を受けていることに気づいて頂くための事業を行います。そこから、感謝のこころが芽生えるきっかけを作ることでおもいやりが生まれます。さらに、親や家族に対して、おもいを伝えることで利他精神が育まれ、相手の気持ちになり物事を考えることのできる道徳心もった青年へと成長していくと確信いたします。8月期例会では、郷土愛を育むための事業を行います。まず、自らが住み暮らす郷土が先人から紡がれてきた、知恵とおもいの賜物であることに触れ、自身の親、家族だけではなく、身の回りの人達の支えにより生かされ成り立っていることを知ることで、それが人をおもいやる行動へと繋がり利他精神が培われていきます。そこから身の回りの人達に対する感謝のこころや、郷土に対する愛着が自身の幸せの根幹にあるのだと気づくことにより、郷土愛を育んでいきます。地域の人々をおもい、利他精神のある郷土愛をもった青年こそ、志摩の未来の担い手になると確信いたします。

 心身共に成長過程にある青少年が人とひととの繋がりの重要性を学び、仲間との絆を深め繋がっていくことにより郷土への愛着を育み次代の担い手へと成長することで、そのおもいが地域に住まう人からひとへと伝播していき、郷土愛溢れる志摩の未来を創造します。

>

郷土愛育むまちづくり委員会

基本運動方針

山﨑翔一朗.jpg

郷土愛育むまちづくり委員会

山﨑 翔一朗

委員長

 我々の住まう志摩の地は、先人たちの地域をおもう絶え間ない愛情からなる努力により発展して参りました。しかしながら現在は、自分自身では気づかず他人任せにし、利己的な行動をとり、この地域を愛し生き抜く力が希薄化しているのが現状です。この現状を打開するには、今一度、地域を愛し豊かな社会を創造してきた先人の知恵や思考を知り、さらに隣接地域と手を取り合い、自ら率先してまちづくりに向き合っていくことが必要です。

 まず本年度、まちづくり委員会では志摩に住まう人々と一緒にまちづくりの根幹である主権者意識を芽生えさせるために、3月例会を開催致します。志摩の抱える問題を改めて認識するとともに志摩の魅力も改めて認識して頂くことで、郷土愛を育みます。そのことにより、地域に対しての責任と自覚を持ち、他人任せにせず、自身で考え、行動を起こすことが出来ます。そして地域住民一人ひとりが、地域の問題に真剣に向き合うことで、豊かな志摩の未来を考えたまちづくり運動へ繋がっていきます。また、本年度も、伊勢、鳥羽、志摩を一つの枠組みととらえ、隣接する地域とともに学び、情報共有を行い、広域的な視野とネットワークを深化させるために、3LOM合同例会を開催致します。そのことにより、地域の問題解決ならびに地域発展の糸口になると考えます。さらに奉仕という共通の信条を持つ同じ志摩地域のまちづくり運動の担い手である志摩ロータリークラブ、志摩ライオンズクラブとともに、本年度も3クラブ合同例会を開催し、世代を超えた幅広い視野を得るために他クラブの志に触れ、まちづくり運動員としての自覚と責任をさらに高めます。

まちは人が創るものであるからこそ、志摩青年会議所正会員一人ひとりの成長と志摩に住まう人々とともにまちの問題から逃げずに真剣に向き合いひとがひとをおもいやる精神を持って地域一丸となったまちづくりを行うことで郷土愛溢れる志摩の未来を創造します。

>

30周年実行委員会

組織構成

組織図のPDFデータをご覧頂けます。

各種委員会

>

総務委員会

基本運動方針

竹内佑季.jpg

総務委員会

竹内 佑季

委員長

 先輩諸兄より脈々と受け継がれた志摩青年会議所運動は青年会議所の理念のもと職務分掌を理解し正会員が職務を全うすることで邁進して参りました。しかし、自身で理念を落とし込み自身のおもいとして行動に移さなければ、職務を穿き違え、それが人任せで自分勝手な行動となり、利他精神の希薄化になります。だからこそ、理念を落とし込み会員相互が連携しあう一丸となった組織となることが、志摩青年会議所運動の進化となるのです。

 総務委員会として正会員一人ひとりが職務分掌を理解し職務を全うできるよう、組織の円滑な運営を行って参ります。まずは、志摩青年会議所の行う事業の目的達成のため、議案の厳格で親身な精査を行い諸会議が充実した議論の場となるよう致します。また、例会や志摩青年会議所が行う事業に対し青年会議所会員としての姿勢を持ち意識を統一して頂くためのセレモニーの設営を行い、正会員が真剣に取り組む姿勢作りを致します。そして、本年度志摩青年会議所の運動に関わる方々に本年度の運動に共感を持って頂けるよう、1月期賀詞交歓会例会を開催し、ご来場者の方々に志摩青年会議所正会員が気概を持った姿勢で運動方針を約束し、志摩青年会議所運動への理解をすることで期待を持って頂き、本年度の新たな協力関係を築きます。さらに、正会員が本年度得た学び、気づきを確固たるものとするため、12月期事業報告例会を開催し、本年度の総括を行うことで正会員一人ひとりが運動を振り返り、自身の行動の検証を行い、正会員が人のつながり、他者のためのおもいに気づきを得ることで、今後の志摩青年会議所運動が進化することになります。

 学び行動し気づき得て、それが経験となります。職務を全うし質の高い経験を繰り返し、さらにはひとのつながり、他者のために行動するこころを成熟した正会員が同じ方向に同じ情熱を持ち、一丸となって運動に邁進することが郷土愛溢れる志摩の未来を創造します。

>

広報渉外委員会

基本運動方針

松尾誠祐.jpg

広報渉外委員会

松尾 誠祐

委員長

 志摩青年会議所は多くの先輩諸兄のおもいを紡ぎ創立30年の節目を迎えます。その間に信用を積み重ね、志摩青年会議所の品格は培われてきました。我々は運動と共にこの信用も引き継いでいるのだと自覚し、さらにこの信用を信頼へと繋げられるように正会員一人ひとりが覚悟を持って、一枚岩となり青年会議所活動に邁進する必要があります。それが培われてきた品格を保つことになり、志摩青年会議所の組織の進化に繋がるのであります。

 当委員会は常に相手の立場に成り代わり、今、何が求められているのかを利他のこころに基づいての実践に努めて参ります。そして、志摩青年会議所を代表する出向者が諸会議等に赴く際に、より有意義な多くの学び、気づきを志摩青年会議所へと持ち帰れるよう正会員を巻き込み一丸となって支援します。出向者を一丸となって支えることで志摩青年会議所の信用をさらに積み重ねて参ります。正会員が多くの共有体験を通して絆を深め、切磋琢磨し正会員一人ひとりが成長することこそが志摩青年会議所の更なる進化になると確信します。広報活動においてはSNSを活用して我々の実施した各種事業の目的や新たな学び、気づきを計画的に発信して、地域に住まう方々に我々のおもいを認識して頂き、さらにはその方々の意識変革の一助として頂きます。また情報発信することから地域に住まう方々に見られているという意識を正会員に生み出すことで正会員としての自覚を高めて参ります。また総務委員会との連携のもと本年の我々の運動に共感して頂く1月期賀詞交歓会例会、そして今後の運動を進化させるために総括する12月期事業報告例会を開催致します。

 利他のこころに基づき、他者のために率先して行動し続け、習慣化させることで正会員の成長へ繋げます。そしてそこから正会員のおもいを一つにして組織を進化させ、志摩青年会議所から地域の人々を感化し続けていくことで郷土愛溢れる志摩の未来を創造します。

>

志導力発揮委員会

基本運動方針

shiroyama.jpg

志導力発揮委員会

城山 源

委員長

 私たちの愛する志摩は先輩諸兄一人ひとりが情熱を持ってひとをおもい率先して行動し続けられた軌跡が現在までの志摩青年会議所の根幹となっています。しかし近年は会員数が減少傾向の中、入会年度の浅い会員が増え現在までの運動を理解できている会員も少なく、その根幹が薄れてきています。だからこそ志摩青年会議所正会員は既知から学び感謝の意を持ち、他者のために行動できる同志と共に気概と覚悟をあわせもつことが必要です。

 まずは会員開発として2月期例会で真剣に物事に向き合い、率先して他者のために行動し続けてこられたおもいから紡がれてきた現在までの既知を学びます。感謝のおもいから自身を律し他者のために行動できる人財の育成を図ることで他者を慮ることができ、個だけでなく組織で動く必要性に気づき、会員拡大の活動への意欲向上にも繋げます。そして、地域を牽引するリーダーの育成のために、正会員が一致団結して開催する「とうかい号」オリエンテーションと5月期壮行会例会、下船報告会の実践を通じ一般乗船者の成長に寄り添い時間を共にし、同じ目的に向かって他者のために行動することで地域から必要とされる人財となる会員の開発に繋げます。さらに指導力開発として、10月期例会では目まぐるしく変化する時代に対して多様性を持って行動できる人財の育成を行います。他者のために一歩踏み出す覚悟を決めて行動する意識を説き、困難な問題に直面しても共助の精神で打破していく気概を学びます。主権者意識をどのような場面でも発揮し、自身の担い以上の行動することで、ひとやまちに目を向けられる大局的視点の能力の獲得に繋げます。

 他者のために決して諦めず真剣に物事に向き合う行動はひとのこころに感動を与えます。感動から多くの学びを得て利他精神を育んだ正会員が直向きに努力を重ね多くのひとを感化し続け地域に必要とされる人財になることで、郷土愛溢れる志摩の未来を創造します。

>

未来の担い手育成委員会

基本運動方針

浜口_edited.png

未来の担い手育成委員会

濵口 大輝

委員長

 いつの時代も子ども達は身の回りの人達からの愛情を受け成長していき、親や家族、地域の人達に支えられ生かされていることへの実感を抱くことで郷土愛を育んでいきます。しかし、身の回りの人達からの愛情に気づかずに成長してしまうと、他人をおもいやらず自分さえ良ければといった意識をもつことへ繋がっていきます。だからこそ、道徳心と利他精神の育成を行い、郷土愛をもった青年へ導くための青少年育成を行う必要があります。

 まず、本年度の4月期例会では、普段何不自由無く過ごしていける生活は誰が支え、それがあたり前にあるのではなく、自身の身の回りにいる親や家族から無償の愛情を受けていることに気づいて頂くための事業を行います。そこから、感謝のこころが芽生えるきっかけを作ることでおもいやりが生まれます。さらに、親や家族に対して、おもいを伝えることで利他精神が育まれ、相手の気持ちになり物事を考えることのできる道徳心もった青年へと成長していくと確信いたします。8月期例会では、郷土愛を育むための事業を行います。まず、自らが住み暮らす郷土が先人から紡がれてきた、知恵とおもいの賜物であることに触れ、自身の親、家族だけではなく、身の回りの人達の支えにより生かされ成り立っていることを知ることで、それが人をおもいやる行動へと繋がり利他精神が培われていきます。そこから身の回りの人達に対する感謝のこころや、郷土に対する愛着が自身の幸せの根幹にあるのだと気づくことにより、郷土愛を育んでいきます。地域の人々をおもい、利他精神のある郷土愛をもった青年こそ、志摩の未来の担い手になると確信いたします。

 心身共に成長過程にある青少年が人とひととの繋がりの重要性を学び、仲間との絆を深め繋がっていくことにより郷土への愛着を育み次代の担い手へと成長することで、そのおもいが地域に住まう人からひとへと伝播していき、郷土愛溢れる志摩の未来を創造します。

>

郷土愛育むまちづくり委員会

組織構成

組織図のPDFデータをご覧頂けます。

各種委員会

>

事務局

基本運動方針

事務局

松尾 誠祐

事務局長

 志摩青年会議所は明るい豊かな志摩を目指し進化を続けてきたからこそ、現在の組織の信用と組織力が培われてきました。この進化を継続させるためにも、現在を担う我々がより向上心をもって活動に邁進することが重要です。そのために己の目的を見据え、理念に沿った活動を通じて正会員一人ひとりが組織を構成する大切な仲間であることを理解し、職務分掌のもと叱咤激励、切磋琢磨する中でJAYCEEとしての資質を高めていく必要があります。

 事務局としてまずは、正会員が本年の運動に対して気概をもつために、我々の方針とおもいを再認識することで運動に対する責任を生み出す1月期事業発表例会を開催します。12月期卒業式例会は卒業生のおもいを継ぎ、今後の活動に向けての決意を固めて頂くために卒業生への感謝とおもいを表し送り出すことで次代へ繋げます。そして正会員一人ひとりのJAYCEEとしての資質を高めるため、理念に基づいて、活動への意欲を創出できるよう各事業の日程を管理、情報発信に取り組むとともに、志摩青年会議所の信用を積み重ねる渉外活動を継続していきます。事務局は組織運営の基盤を担うものとして率先に努めることで正会員へおもいを伝播していきます。さらにJAYCEEとしての資質を高めることが活動への誇りを生み出すことになり、他者から見れば正会員一人ひとりが志摩青年会議所の顔であるという気づきへと繋げます。また広報活動を継続し我々の活動とおもいをまちの方々に知って頂き、まちの方々のまちに対する意識変革の一助とします。正会員が活動と向き合い組織を一枚岩として、運動を展開することが強固な絆からなる組織へ進化すると確信します。

 活動と向き合う中で正会員が叱咤激励し合い、切磋琢磨し続ける強固な絆を結ぶことで、利他の心で助け合う実践を習慣化させることができます。志摩青年会議所より地域へその運動を波及させ続けることで明るい希望に満ち溢れた魅力ある志摩の未来を創造します。

>

挑戦心溢れる人財育成委員会

基本運動方針

挑戦心溢れる人財育成委員会

竹内 航

委員長

 志摩青年会議所は、地域に住まうひとのために行動できる人財を一人でも多く育成し、明るい希望に満ち溢れた魅力ある志摩の未来を創造していかなければなりません。そのためには、志摩青年会議所正会員一人ひとりが地域のために率先して行動する指導者として挑戦と探求を繰り返し、我々と共に明るい希望に満ち溢れた魅力ある志摩の未来の創造を目指し、自ら挑戦に突き進むことのできる地域のリーダーを育成していく必要があります。

 本委員会ではまず、3月期例会にて指導者として強い責任をもって頂きます。青年会議所のひとづくりの歴史を学び、明るい志摩の未来を創造するためには、どのようなひとづくりが必要であるかを考え、一人ひとりが能動的に行動していく重要性を再認識して頂きます。そして、強い責任をもった行動を積み重ねていくことで地域の方々からの信用となり、信頼される指導者への成長に繋げます。さらに、6月期3LOM合同例会を志摩青年会議所主幹のもと行い、指導者としての多様な価値観を養います。伊勢青年会議所・鳥羽青年会議所での指導力開発・指導者育成に対しての取り組みやおもいを相互共有する中で気付きを得て頂き、多様な価値観をもった指導者への成長に繋げます。そして、10月期例会にて地域に住まうひとの挑戦心を育みます。地域の問題を他人任せにするのではなく、まちに住まう一人ひとりが必要な取り組みを見極め、積極的に行動することが明るい志摩の未来に繋がることを学んで頂きます。そして、地域のための挑戦心を行動に移し、繰り返していくことで自ら挑戦に突き進むことのできる地域のリーダーに成長していくと確信します。

 地域のひとのために諦めることなく、ひたむきに挑戦する姿は多くの共感を呼び、多くの笑顔を創っていきます。我々も指導者として地域のために挑戦を繰り返し、多くの人々を巻き込み続けていくことで、明るい希望に満ち溢れた魅力ある志摩の未来を創造します。

>

おもいやり育む青少年育成委員会

基本運動方針

おもいやり育む青少年育成委員会

西﨑 真祥

委員長

 我々が住まう志摩では、人とひととの繋がりの連鎖の中で郷土を愛するおもいが紡がれてきました。しかし、現在では人とひとの繋がり方が多様化している反面、ひとの感情を感じ取り、互いのおもいを理解し合うことが希薄化しています。だからこそ、我々が青少年育成者として、先人からの郷土へのおもいを紡ぎ、次世代を担う子供たちへ愛情をもって伝え、さらに郷土愛をもった人財へと成長出来るよう導いていくことが必要であります。

 まず、4月期例会では子供たちが身近なひとをおもいやる気持ちを養うための事業を行います。普段、何不自由なく過ごしている生活環境は親や身近なひとからの支えがあり、成り立っています。そこで、子供たちに今の環境は当たり前ではないことを気づいて頂き、親や身近なひとへの感謝の心をもつ契機と致します。おもいやる気持ちを醸成することが、ひいては他者をおもいやることに繋がるのです。そして、8月期例会では子供たちに住まうまちに対し、おもいやりをもつための事業を行います。まずは、この地域の歴史や文化を学び、興味をもち、先人から紡がれてきたおもいや知恵に触れて頂きます。また、子供たちに住まうまちのひとの魅力に気づき、好奇心を掻き立て、先人の郷土へのおもいをさらに紐解き、理解を深めて頂きます。子供たちの郷土への感謝とおもいやる気持ちが自身の生まれ育った郷土への愛情を醸成することになります。そして、子供たちがまちや住まうひとに繰り返しおもいやりをもった行動をとり、積み重ねの中で善悪の判断を行い、道徳心を養うことで豊かな心をもった青年に成長し志摩の明るい未来へと繋がるのです。

 次世代を担うかけがえのない子供たちは無限の可能性を秘めており、ひとと繋がり愛情を受けることで豊かな心が育まれます。だからこそ、青少年育成者である我々が先人からのおもいを紡ぎ愛情を注ぎ続け明るい希望に満ち溢れた魅力ある志摩の未来を創造します。

>

希望溢れるまちづくり委員会

基本運動方針

希望溢れるまちづくり委員会

中井 和昌

委員長

我々の住む志摩があるのは、先人たちが地域の為をおもい、行動してきた賜物です。志摩青年会議所の先輩諸兄姉は、まちづくり運動の担い手として常に率先して運動を展開してこられました。先輩諸兄姉のおもいを継承し、私たちは、志摩の未来に対し責任を自覚し、世代や地域の垣根に囚われることなく、一人でも多くの志摩に生きる人々と手を取り合い、明るい希望に満ち溢れ、魅力ある志摩を目指す運動を展開していくことが必要です。

 まちの未来を見据え、まちをより良くしていくため、志摩青年会議所会員はまちに対する責任を自覚し、実践と探求を繰り返していかなくてはなりません。そこで5月期例会を通じ正会員一人ひとりが志摩に於けるまちづくりのリーダーであるという自覚を高めて頂きます。まずは私たち自身が志摩の抱える問題を改めて学び、どのような行動ができるかを考え、主権者意識を高めます。そして、それぞれの地域に於いて周囲を巻き込み、リーダーとして行動を起こす意識を高めます。さらに9月期例会を通じ地域の方々に、志摩の未来に対し、責任があることに気付いて頂きます。問題を知り悲観的になるのではなく、将来のためにできる行動を考え、行動した先にある理想の志摩とそこで生きる自らの未来を想い描いて頂き、未来に希望をもって主体的にまちづくりへ参加して頂く意欲を高めます。11月には、まちづくり運動への幅広い視野を得るため、共通の信条をもつ志摩ロータリークラブ、志摩ライオンズクラブとの3クラブ合同例会を通じ、志摩青年会議所とは異なったまちづくり運動の取組みについて知り、志摩青年会議所の運動の昇華へと繋げます。

 今を生きる私たちの行動の積み重ねの延長に、まちの未来はあります。まちと人をおもう利他精神を育み、地域の問題は自分たちが解決し、自分たちがより良い未来を創るという気概をもち、地域に運動を展開していくことで、郷土愛溢れる志摩の未来を創造します。

>

会員開発・会員拡大委員会

基本運動方針

会員開発・会員拡大委員会

濵口 大輝

委員長

希望溢れる志摩の未来を創造する上で、我々は、気概と覚悟をもち続け、仲間と共に歩みを止めることなく邁進してきました。組織として更なる向上を図るためには、会員一人ひとりが、自身の成長だけでなく、他者の成長に寄り添う利他的な心をもち、常に前向きに自らが積極的に取り組む姿勢を磨かなければなりません。そして、会員一人ひとりが、足並みを揃え、志摩青年会議所の運動を推し進め、更なる進化へと繋げる必要があります。

本委員会は2月期例会にて、他者に寄り添うことのできる意識を高めます。まず、青年会議所の理念の基、自身の目的を再確認し、何事に対しても真摯に物事を受け止める重要性を学びます。また、自身を突き動かす原動力が、他者をおもい行動することに起因していることへの気づきを得ることで、能動的に行動する意識へ繋がり利他精神が養われます。そして、前向きに取り組む意識をもち続け、ひとと真剣に向き合い切磋琢磨することが一人ひとりの成長へ繋がり、志摩青年会議所の魅力を作り上げます。7月期例会では組織拡大を見据え、まちの青年世代に我々の活動に興味をもって頂きます。まず、我々の活動を知って頂き、おもいに触れて頂きます。そこから互いの価値観を共有し、他者の考えを知り、自分事のように捉え理解を深めて頂きます。そして、志摩の未来を共に考え学びを共有し、利他精神の実践の積み重ねにより、信頼関係を構築していくことが更なる組織拡大へ繋がり、志摩青年会議所の運動を推し進めます。また、年間を通じ、全会員で足並みを揃えた組織拡大へ取り組む意識を波及させていくことで、更なる運動の昇華へ繋げます。

常に前向きに、向上心をもち切磋琢磨することは、青年世代として今を生きる我々にとって必要不可欠な要素です。多くの価値観に触れ、他者の笑顔のために努力を怠らず、他者から必要とされる人財へと成長することが希望に満ち溢れた魅力あるまちを創造します。